まさか自分が風俗嬢を経験するとは思っていませんでした。

きっかけは本当に些細なことです。大学の授業料を払ったために、貯金が大幅に減って不安を覚えたことがきっかけです。その頃、長い間働いていた飲食店のバイトも辞め、次はなにしようかな~と考えていたところでした。

風俗をしてみようと思ったきっかけは、短期間でがっつり稼げることと、単純にどんな女の子が働いているのか興味を持ちました。それまで、好きな人はできないけどえっちは好きだった私は、それならお金もらってエッチしたいと思って出稼ぎ専門デリヘルにアポを取りました。

驚いたことに、直接会って面接などはなく、顔と全身の写メを送って合格となりました。容姿にあまり自信があるわけじゃなかったんですが、受かってほっとしたのを覚えています。女の中の平均点は越えれたような気がしていました。笑

友人などには内緒で出稼ぎに行きましたが、経験したことある人とない人の話の内容の嘘くささが違うように、実際経験してみないとわからないこともおおいはずだと、自分に言い聞かせて出発しました。

普通に恵まれた家柄の女の子はきっと経験しないであろう風俗業界に、足を踏み入れるのは特に抵抗はなかったですが、行きの途中で引き返したくもなりました。

ほかの子とは違う自分になってしまうことが怖かったんだと思います。

でもそれよりも興味のほうが強かったので気づいたら待機所に。そこにいる女の子はみんな見た目は普通の子でした。

一人すごいけばいギャルがいたけど。

喫煙者率はものすごく高かったです。私は普段からヘビースモーカーだったので、喫煙所で何人かの女の子と話しました。みんな普通の子でした。職業が風俗ってだけです。意外と面白くなくてびっくりしました。

そして、写真撮影などをしてその日は寮に案内されました。寮といっても普通の1Rのお部屋で、寮といえば風呂トイレ共同というイメージがあった私は拍子抜けしました。

ついに明日から、本当に風俗嬢になるのだと思ったら、お客さんの前は当然裸にならなきゃいけないので、普段よりも丁寧にボディメンテナンスを行いました。
期待と不安と好奇心でそわそわしながらも眠りにつきました。

初めてのお客さんがすっごくタイプのイケメン!風俗にこんな人も来られるのね

今でも初めて接客したお客さんのことは覚えています。

とってもタイプのイケメンなお兄さんで、こんな人が風俗来るの!?と驚きました。本人にも直接言ってしまいました。お兄さんは、仕事ばかりしてたら出会いがないし彼女も長い間いないと言っていました。やることはやりましたが、残った時間でお兄さんの恋バナを聞いたり、自分の話を聞いてもらってた時間がすごく居心地がよかったです。

こんな感じでいいのかとか、お客さんに対して質問しまくってしまったんですけど、嫌な顔ひとつせずいろいろ教えてくれて、イケメンとエッチなこともできて、お金をもらってすみませんて感じました。笑

初めてのお客さんがあまりにも、風俗に行くような人とイメージが違うと本人に伝えたら、こんな本音トークする風俗嬢も見たことないから新鮮と言われました。笑

やっぱりきれいな風俗嬢の方は、お金を稼いでる分、着飾っている方が多いみたいです。それはそうですよ、自分の体を酷使して手にしてるお金なんだから、その分自分に投資して当然ですし、美しく理想の女性でいようとするのはプロ意識の表れです。

私みたいな不慣れな田舎もんがきっと異質なのかもしれないと思いました。

お兄さんにとっては、新鮮でよかったのかもしれません。そのあとも滞在期間中に、何度か読んでいただいてそのたびにくだらないお話をさせていただきました。ほかのうざいお客さんがいても、好きなお客さんが何人かいるだけで仕事が楽しいと思えました。

今でも、いい出会いだったと感じます。

あと、リピーター様が増えると、自分が認められたような気がしてすごくうれしかった。合わない人もいたけど、自分をより磨こうと思うきっかけになったし、容姿にそんなに自信はなかったけど、会いたいと言ってくれる人がいたら、それに応える接客をしようと思えることで、人に対する気遣いであったり自分を見直すきっかけにもなりました。

やはり、経験に勝るものはないと感じた体験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です